FC2ブログ

ドバイ旅行#5 ジュメイラ・モスク - ドバイフレーム (Day3)

ドバイ旅行#4の続きです。
今回は3日目・・・なのですが、2日目最後に撮ったドバイモールの写真から行きたいと思います。
というのも前回の記事はなんとなくブルジュ・ハリファで終わりにしたかったからです。

↓ドバイモールの施設内。


dubai109.jpg


dubai110.jpg


dubai111.jpg

途方もなく広いということ以外は、意外と普通のショッピングモール、という印象でした。
ここでは何度か食事と、最終日にお土産を買ったくらいです。

↓でも面白いものを発見、ドバイ水族館の巨大水槽です。


dubai112.jpg


dubai113.jpg

現在もなのかはわかりませんが、世界最大の水槽だそう。
ただ個人的には上の巨大ディスプレイの方に目が行ってしまう・・・

わかりづらいですが水槽の中にガラスの通路があり、そこを通るにはチケットが必要です。
しかしチケットを買わなくても、外側からであれば魚たちを眺めることができます。


dubai114.jpg

お土産屋さんの所にも水槽があり、綺麗でした。
売ってるものは何故か魚や水族館と無関係のものが多かったです。

↓ドバイモールのマクドナルドで夕食。


dubai115.jpg

チキンナゲットは日本のものと完全に同じな気がしました。
ポテトは塩がかかってないのでそのまま食べると味がないです。そのためにケチャップが付いてます

↓前回の記事でも言いましたが、アラブ限定のマックアラビアチキンを注文しました。


dubai116.jpg


dubai117.jpg

チキンパティが2枚とレタス、見えないですがトマトも入っています。ソースはマヨネーズかな。
なかなか美味しかったです。というかすごいボリューム。


dubai118.jpg

こちらの写真はホテル近くのスーパーにて。アイスの売り方がすごい雑

↓3日目の朝です。ドバイは毎日晴れ


dubai119.jpg

この日はメトロは使わず、とあるところへ向かうためにタクシーで移動。
そのとあるところというのは、Imam Hosein Mosqueというモスクです。

なのですが、近くにジュメイラ・モスクという大きくて有名なモスクがあるため
タクシーの運転手さんに合ってるか何度も確認されました。
"Opposite Iranian Hospital"(イラン病院の向かい)と伝えれば、わかってもらえると思います。

Imam Hosein Mosqueです。


dubai120.jpg


dubai121.jpg

青色のめちゃくちゃ綺麗なモスクです。
観光地ではなく開放はされてないのですが、これは見に行かなきゃと思って行きました。


dubai122.jpg

柵より上に手を伸ばして撮るしかありません。スマホならゲートの隙間から撮れます。
個人的にはジュメイラ・モスクに匹敵するくらい綺麗だと思うし、一般開放されればいいのになぁ。

↓そして徒歩でジュメイラ・モスクへ。


dubai123.jpg


dubai124.jpg

やっぱりそれぞれ違った美しさがありますよね。

このモスクは普段は入れないそうですが、ツアーに参加すると中に入ることができます。
予約は必要なく、待合所のカウンターで受付してくれます。

↓ツアーの待合所。


dubai125.jpg

ここでツアーが始まるまで待機します。
待っている間にお茶やデーツなどのお菓子を頂け、まったりすることができます。

↓カロムというボードゲームがあります。


dubai126.jpg

コマを指で弾いて穴に入れるビリヤードみたいなゲームです。
初めてやったので加減がわからず、強く弾きすぎて指が痛くなりました。

↓デーツと揚げドーナツ。


dubai127.jpg


dubai128.jpg

もらい放題です。揚げドーナツ甘くておいしい


dubai129.jpg

お茶ももらえます。


dubai130.jpg

ツアーの時間になったら案内役の女性が現れ、モスク内部に入れてもらえます。

この大広間の床に座り、1時間ほどイスラム教のお話を聞きます。
ツアー参加者の数は3~40人ぐらいでしょうか。他に日本の方もいました。

お話が終わると解散という形で、モスクの中に居残ることもできます。
すぐに出なきゃいけないなんてこともないので、じっくりと写真を撮ることができます。


dubai131.jpg


dubai132.jpg


dubai133.jpg

内部も非常に美しいモスクです。
アラビア語はコーランの一節だったりするのでしょうか。
文字がそのままデザインになるというのが面白いですよね。

↓自由に持って帰れる水。この箱までアンティーク


dubai134.jpg

モスクを撮影して満足した後、タクシーに乗ってドバイフレームという所に向かう予定だったのですが
長く居残りすぎてしまったからかタクシーの姿が見当たりません。

困っていたところ、アメリカ人とハンガリー人の女性に声をかけられ混乗でタクシーに乗ることに。
とても助かりました。ドバイフレームに近いAl Jafiliya駅で降ろしてもらいました。

ドバイフレームです。


dubai135.jpg

2018年にオープンした比較的新しいドバイの名所です。
ザビールパーク(Zabeel Park)という大きな公園の中にあります。

奇抜な形状、金色を基調としたデザインとドバイらしさが満点の建築物。
150mとそこまで高さはないのですが、インパクトは絶大。

↓ザビールパークの中へ。


dubai136.jpg

暑い・・・

中心地だとクーラーの効いた空間がそこら中にあるためなんとかなってましたが、
公園内は避暑地がほとんどなく長居すると危ないです。


dubai137.jpg

こうして公園内からドバイフレームを撮るのが目的でした。
この公園には大阪城のオブジェやフリーマーケットがあったりするみたいなので、
次があればもっと探索してみたいですね。


dubai138.jpg

暑すぎるので急いでメトロの駅まで退避します。
冬なら心地いいんでしょうけどねぇ・・・

この後昼食をとってからドバイの隣町シャルジャに行ったのですが、
案の定記事が長くなりすぎそうな感じなので3日目も前編・後編に分けます。。。
いやードバイ強敵だな・・・ではまた。


↓続きはこちら

ドバイ旅行#6 ドバイモールで昼食 - シャルジャ (Day3)


↓ドバイ旅行まとめ

ドバイ旅行#1 出発 - 北京で乗り継ぎ - ドバイ到着 (Day1)
ドバイ旅行#2 初めての日中散策 - バスタキヤ地区 - ドバイ博物館 (Day2)
ドバイ旅行#3 テキスタイル・スーク - アブラ - ディラ地区 (Day2)
ドバイ旅行#4 ブルジュ・ハリファの夕焼け/夜景 (Day2)
ドバイ旅行#5 ジュメイラ・モスク - ドバイフレーム (Day3)
ドバイ旅行#6 ドバイモールで昼食 - シャルジャ (Day3)

ドバイ旅行#4 ブルジュ・ハリファの夕焼け/夜景 (Day2)

ドバイ旅行#3の続きです。
今回はいよいよあのブルジュ・ハリファを見に行きます。
展望台に登るわけではなく、夕方から夜にかけて建物の周りを一周してみました。

↓ドバイの幹線道路、シェイク・ザーイド・ロード。


dubai83.jpg


dubai84.jpg

宿泊したホテルがこの道路沿いにあるため、何度も写真を撮りました。
片側6車線の高速道路で交通量も多く、車がすごい勢いでビュンビュン通っています。

↓メトロの駅に入っていく電車。


dubai85.jpg

うっすらですがビル群の向こうにブルジュ・ハリファも。

↓ゴールドクラスに乗って前面展望を見ながら、ブルジュ・ハリファ駅へ。


dubai86.jpg

最寄り駅のファイナンシャル・センター駅からブルジュ・ハリファ駅はたったの一駅です。


dubai87.jpg


dubai88.jpg

シンガポールのマリーナ・ベイサンズみたいな建設中のビルが見えてきました。
すごい景色です。


dubai89.jpg

長かった2日目、ようやく太陽が沈んできていい感じの時間帯になってきました。

駅からドバイモールを通り抜け
ブルジュ・ハリファがよく見えるSouk Al Bahar Bridgeという橋に向かったのですが、
駅からドバイモールまでの通路がかなり長いです。

動く歩道(ムービングウォーク)があってスムーズに移動できるのですが、10分はかかります。
解消しようがないとはいえ、ちょっと億劫ですね。

そしてついにブルジュ・ハリファとご対面!


dubai90.jpg

でっかい・・・ これが世界一高いビルかぁ


dubai91.jpg


dubai92.jpg

まさに説明不要。その巨大さ、唯一無二の美しさに圧倒されます。
このビル、ただ高いだけじゃなくてデザインもすごく凝ってて美しいんですよね。

↓なんとなく斜めに撮ってみたもの。


dubai95.jpg

斜めにすると横向きでもすっぽり収まるので、意外とかっこいいかも。

↓ドバイ・ファウンテンの噴水ショーを見る人たち。


dubai93.jpg

やはり夕焼けとともに噴水ショーを楽しみたいからか、この時間は人が多くなります。
ドバイモール2Fにアップルストアがあるのですが、そこの人だかりが・・・(この写真にも映ってます)
見渡せそうなので行こうかと思ってましたが無しにしました。

この時の噴水ショーはあまり上手く撮れなかったし、30分に1回あるので割愛。

↓反対側のビルも夕日に照らされて綺麗です。


dubai94.jpg

手前のビルは「ジ・アドレス・ダウンタウン・ドバイ」という高級ホテルです。
きっと客室からの眺めは極上でしょうねぇ。いつか泊まってみたいものです

↓こんなルートで噴水の周りをほぼ一周しました。


burjkhalifaroute.jpg

色んな距離(近さ)からブルジュ・ハリファを眺めることができておすすめです。
かなり長いので、夏の時期なら日が沈んで気温が下がってからがいいかと思います。

↓道中で撮ったブルジュ・ハリファ。


dubai96.jpg

左右の建物がいいアクセントになってくれてます。
こういうのを穴場って言うんでしょうか、人が全くいなくて快適。

↓パレス・ダウンタウン(ホテル)の敷地内から。


dubai97.jpg

大きな水辺があり南国っぽい木が並んでいる、とても写真映えするスポット。

ホテルの敷地内ですが、立ち入っても全然大丈夫です。というか通り抜けられます。
ホテルのライトアップが灯ってからだと更に良かったかな。十分綺麗ですけどね。

↓ドバイの路面電車。


dubai98.jpg

これは走るのかな。
にしてもEMAARという名前は至る所にありますね・・・一体何者

↓Burj Plazaという広場から。


dubai99.jpg

↓もう少し歩いた所から。


dubai100.jpg

ああ美しい・・・夕焼けもいいけどこのあたりの時間の方が自分は好きです。
真下から撮るのも迫力があっていいですが、ここだと少し距離があるので写真に収めやすいです。


dubai101.jpg

噴水周りのマンション群?もまた美しい。
ドバイの建築物って基本デザイン性が高い気がします。


dubai102.jpg


dubai103.jpg


dubai104.jpg

ドバイ・ファウンテンの噴水ショーが始まりました。
昼間には2回、午後6時からは30分ごとに5分間、音楽に合わせて噴水が噴き上がります。


dubai105.jpg


dubai106.jpg

フィナーレには水がこんなに高くまで!最高150mまで噴き上がるらしいです。


dubai107.jpg


dubai108.jpg

余韻に浸りながらドバイモールへ向かいました。

予定ではこの後ディラ地区に戻ってIndex Restaurantというお店で夕食をとるはずだったのですが、
あまりにも疲れすぎていたためドバイモールのマクドナルドで済ませました。
アラブ限定のマックアラビアチキンを食べました。なかなか美味しかったです。

ブルジュ・ハリファの夜景と噴水ショーは本当に最高としか言いようがなかったです。
これだけでもドバイに来て良かったなと思えるくらいでした。
でもドバイ旅行はまだ4日間も残ってるのでまだまだこれからです。
これにてようやく2日目が終了、明日からの行動はまた次の記事で。


↓続きはこちら

ドバイ旅行#5 ジュメイラ・モスク - ドバイフレーム (Day3)


↓ドバイ旅行まとめ

ドバイ旅行#1 出発 - 北京で乗り継ぎ - ドバイ到着 (Day1)
ドバイ旅行#2 初めての日中散策 - バスタキヤ地区 - ドバイ博物館 (Day2)
ドバイ旅行#3 テキスタイル・スーク - アブラ - ディラ地区 (Day2)
ドバイ旅行#4 ブルジュ・ハリファの夕焼け/夜景 (Day2)
ドバイ旅行#5 ジュメイラ・モスク - ドバイフレーム (Day3)

ドバイ旅行#3 テキスタイル・スーク - アブラ - ディラ地区 (Day2)

ドバイ旅行#2の続きです。
今回はドバイのスーク(市場)に行ってきた話をしようと思います。文章量がちょっと多めです。

テキスタイル・スークの風景。


dubai59.jpg


dubai60.jpg

まさしく伝統的な市場といった面持ちで雰囲気はすごくいいです。


dubai58.jpg

向こうまでずら~っと店が並んでいます。
写真を撮っていると客引き達が尋常じゃないほどこっちを見てきます。
完全に狙われています。

この中を通るとものすごい勢いで「コニチワ!」「オカチマチ!」と話しかけられたり、
無理やりスカーフか何かを被せられたり腕を引っ張られたりします。

なぜ御徒町なのかと気になり後で店員に尋ねてみると、
「オカチマチと声をかけると日本人が喜ぶから」という返答でした。
単純にドバイの人にとって発音しやすい東京の地名だからってだけみたいですね。

↓こちらはオールド・スーク


dubai61.jpg

ご存知の方もいるかもしれませんが、ドバイ含む海外の市場では値切りができます。
初めに定価以上の値段を提示され、それに対して自分もかなり安い値段を言います。
お互いが納得する値段になるまでせめぎ合いが続き、値段が決まるといった感じです。

ですから商品に値札というものは付いていません。
初めは相当高い値段を言われるので、そこで買うと損することになってしまいます。

YouTubeで動画を見たり他の方のブログで話を聞いたことはありましたが、
実際に海外で値切りをしたことはありませんでした。
タイのプーケットで値切りのチャンスはあったのですが、どうやって値切ればいいかわからず提示された値段で買ってしまってました。


dubai62.jpg


dubai71.jpg

なので今回は絶好のチャンスだったのです。

初めに高い値段を提示されますが、noooとかtoo muchとか言って拒みます。
そして思い切ってその4分の1とか5分の1の値段を出します。
ほぼ100%「は?」みたいな反応をされますが、上げないように極力頑張ります。

店によって下がりやすさの差はありますが、大抵10ディルハム(約300円)ずつ下げてきます。
もっと下げるよう要求すると質の高さをアピールしてきたり
「ドバイモールではもっと高いんだぞ」的なことを言ってきますが、流します。

しばらく交渉していても下がらないようならこちらも10ディルハムずつ上げていき、
折り合いがついたら交渉成立です。


最初はカンドゥーラ(アラブの正装)を着た大人しめな店員のところで買い物しました。
買ったものはコースター(コップの下に置くやつ)2つと、ディルハム紙幣柄のトランプです。
同行の友人が値切りが上手かったのもあり、楽しんで買い物をすることができました。

次にアラビア文字の入ったストールとカシミヤのストールを買いました。
こちらもそこそこ値切ることができ、満足した買い物となりました。


dubai63.jpg

そして事件が発生しました。

どのスークだったか忘れましたが、表にトルコランプを飾っている店を発見。
そういやこれ欲しいなぁと思って眺めていると店員に見つかり店内に案内されました。

その店員は非常にフレンドリーで、日本人だとわかると知ってる日本語を話してくれたり
自分がアフガニスタンから来たという話や、日本に縁のある友人の話などしてくれました(英語なのであんまりわかりませんでしたが)

店の出入り口は仕切りがあり閉鎖的で、さらに店長みたいな人が現れて塞いでいます。
非常に出て行きにくい雰囲気を醸し出しています。
しかし、後から考えると強引にでも出れば良かったなぁと思います。

50種類以上はあったでしょうか、その中から
自分は緑色のランプ、友人は青色のランプを選びました。
その店員は会計する前なのにもう梱包材でランプをぐるぐる包んでしまっています。


ようやく値段を提示してきました。
2つで620ディルハム(18600円)と言ってきたのです!

1つだと9300円です。
後で確認しましたが、ドバイモールでもっと質の高そうなものでも3000円程度で売っています。
ドバイモールの3倍以上の値段を出してきたわけです。

これだと頑張って安くしても5000円以下にするのは厳しいです。
長い時間格闘しましたが、結局2つを390ディルハム(11700円)で買うことになってしまいました。

↓スークの裏路地。


dubai64.jpg

まぁこうやってネタにできますし、言うほど引きずってはいませんけどね。
今度写真を載せようと思いますが、そのランプも結構気に入ってますし。

間違いなく言えるのはスークは雰囲気や店員との交渉を楽しむ場所だってことですね。
ドバイモール等のお土産ショップでは安心して買い物できますが、味気ないですからね。
そういった意味では楽しかったしまぁいいかなと思います。

↓テキスタイル・スークのゲート。


dubai65.jpg

↓Desi Deiraというお店で昼食。


dubai66.jpg


dubai67.jpg

鶏肉の入ったビリヤニとラム肉のカバブを注文。


dubai70.jpg


dubai68.jpg


dubai69.jpg

友人はラム肉のチョップを注文。

この店すごく美味しかったです。今も写真見ててよだれが出てきます。
下手したらドバイ旅行中で一番美味しかったかもしれません。

ただ見た目以上に量がとんでもないです。
かなり頑張って食べましたが、ビリヤニは完食は無理でした。
店内に観光客はおらず物珍しそうな目で見られましたが、味良し値段良しでおすすめです。
店内の清潔感も問題ありませんでした。

↓腹ごしらえも済んだところでアブラで対岸へ。


dubai72.jpg

運賃は1ディルハム(約30円)。


dubai73.jpg


dubai74.jpg

↓お気に入り。


dubai75.jpg


dubai76.jpg

↓雰囲気を伝えるために動画も。




後半はTwitterで上げたものと同じです。旅感満載でいいですね。

↓ディラ(Deira)地区の風景。


dubai77.jpg


dubai78.jpg


dubai79.jpg


dubai80.jpg

ディラ地区はドバイのダウンタウンから運河を挟んで対岸にある地区です。
至るところにスークへの入り口があります。

ドバイなのになんだか生活味溢れる、面白いエリアで結構好きです。

↓Al Ras(アッ・ラース)駅からメトロへ。


dubai81.jpg

この後いよいよお待ちかね、ブルジュ・ハリファを見に行きます。
でもその前にスークで買ったお土産を置きにホテルに戻ります。


dubai82.jpg

一気に近未来的なドバイに戻ってきました。

ということで次の記事はブルジュ・ハリファからとなります。
いやーまさか1日を3分割することになるとは思いませんでした・・・この日密度濃すぎ


↓続きはこちら

ドバイ旅行#4 ブルジュ・ハリファの夕焼け/夜景 (Day2)


↓ドバイ旅行まとめ

ドバイ旅行#1 出発 - 北京で乗り継ぎ - ドバイ到着 (Day1)
ドバイ旅行#2 初めての日中散策 - バスタキヤ地区 - ドバイ博物館 (Day2)
ドバイ旅行#3 テキスタイル・スーク - アブラ - ディラ地区 (Day2)
ドバイ旅行#4 ブルジュ・ハリファの夕焼け/夜景 (Day2)
ドバイ旅行#5 ジュメイラ・モスク - ドバイフレーム (Day3)

ドバイ旅行#2 初めての日中散策 - バスタキヤ地区 - ドバイ博物館 (Day2)

ドバイ旅行#1の続きです。
いよいよ初めて日中のドバイを体験することになります。

↓ホテル周辺のビル群。


dubai28.jpg

↓中央下がドバイメトロの駅。どの駅もこのデザインですごくかっこいい


dubai29.jpg

暑いです!

でも正直思ったほどじゃなかったかも。
9月で真夏じゃなかったというのもあるかもしれませんが。

外に5分もいたらぶっ倒れるんだろうなと身構えてましたが、そんなことはないです。
しかしクーラーのガンガン効いた空間がそこら中にあるというのが非常に大きいです。
ビーチや大きな公園など避暑地の少ない所を長時間歩くのは危険だと思います。

↓メトロ駅の内部。


dubai30.jpg


dubai31.jpg

すごい・・・未来感が半端ないです。


dubai32.jpg

ホームもこんなに天井が高いです。

今回の旅では「一日乗車券」を毎日買ってドバイメトロを利用していました。
メトロの駅はゾーン(地区)によって区分けがされており、
ゾーンをまたぐかどうかで料金が変わるなど結構ややこしいのですが、
一日乗車券を買えばあれこれ計算せず済みますし、一日に何度も乗る方はお得になるのでおすすめ。

↓ブルジュマン(BurJuman)駅に到着。


dubai33.jpg


dubai34.jpg


dubai35.jpg

ブルジュマン駅はアフマル線(Red Line)とアフダル線(Green Line)の乗り換え駅です。
2つの路線が通る駅はここと隣のUnion駅しかないので、ドバイメトロにとって重要な駅だと言えます。

この地下鉄駅らしからぬ空間を見てください。
ネット上で世界一美しい駅とも言われる所以がわかりますよね。

でも正直・・・実際見てみるとそんなでもないです。
写真だと加工してるので美しく見えますが、期待したほどじゃなかったというのが感想です。

↓道中撮ったドバイの路線バス。


dubai36.jpg

ドバイを走るバスはほぼ(全部?)赤色でしたね。
長距離バスは2回利用しましたが、路線バスはややこしそうだったため乗りませんでした。

↓アル・ファヒーディ(Al Fahidi)駅そばの DAY TO DAY というお店。


dubai37.jpg

ここは楽しいので立ち寄る価値ありです。

質はあまり良くないものの、お菓子や置き物などのお土産、アクセサリーなどが安く売っています。
少し歩いた所にはEDOというお店もあり、そちらもおすすめです。
自分はEDOでブルジュ・アル・アラブの置き物を550円で買いました。


dubai38.jpg


dubai39.jpg

本日最初の目的地、アル・ファヒーディ・スークに向かって歩いていきます。
まだ自分がアラブにいるという実感がいまいちありません。

↓アル・ファヒーディ・スークに到着!


dubai40.jpg

・・・が、朝だからでしょうか。お店がほぼ開いておらず寂しい空間となっていました。
仕方ないのでそそくさと退散し次の目的地へ。

↓バスタキヤ地区(アル・ファヒーディ歴史地区)です。


dubai41.jpg

ドバイの歴史を紹介する博物館や資料館が並んでるエリアだそうです。
おしゃれなカフェやレストランもあるみたい。


dubai42.jpg

なんかすごい壁画アートも。


dubai43.jpg


dubai44.jpg


dubai45.jpg

なぜ「国」と「剣」だけフォントが違うんだろう・・・


dubai46.jpg

作られた感が強すぎて歴史はあまり感じさせないかな。
でも迷路みたいで楽しかったし、インスタ映えはするんじゃないかと思います。

↓お次はドバイ博物館へ。


dubai47.jpg


dubai48.jpg


dubai49.jpg

こちらもやはりドバイの歴史や、昔の人々の生活などが紹介されていました。

↓昔の人の家でしょうか。


dubai50.jpg

↓内部です。


dubai51.jpg

この家はヤシの木の枝で作られているそうです。
左にベッドと・・・右は何をするスペースなんでしょう。食事?

↓部屋の反対側はこんな感じ。


dubai52.jpg

↓奥の部屋です。


dubai53.jpg


dubai54.jpg

少し広いからこの部屋がリビングなのかな、家の構造がよくわからないですね。
こっちにもベッドがあります。さっきのベッドよりふかふかしてそう

↓人形で昔の人の生活や職業を再現していました。


dubai55.jpg

何かを取り分ける作業?


dubai56.jpg

Pearl diving・・・貝殻を拾ってるのかな すごい姿勢ですね。

↓ドバイ博物館を後にし、アブラ(渡し船)乗り場に来ました。


dubai57.jpg

綺麗ですね。
でも写真を撮るために立ち寄っただけで、まだアブラには乗りません。
この後はオールドスークという市場で買い物をしました。

なので次の記事はオールドスークからとなります。
本当は1日分の行動は1記事に収めたかったのですが・・・あまりにも長くなりそうなので・・・
気長にお付き合いください。ではまた次回。


↓続きはこちら

ドバイ旅行#3 テキスタイル・スーク - アブラ - ディラ地区 (Day2)


↓ドバイ旅行まとめ

ドバイ旅行#1 出発 - 北京で乗り継ぎ - ドバイ到着 (Day1)
ドバイ旅行#2 初めての日中散策 - バスタキヤ地区 - ドバイ博物館 (Day2)
ドバイ旅行#3 テキスタイル・スーク - アブラ - ディラ地区 (Day2)
ドバイ旅行#4 ブルジュ・ハリファの夕焼け/夜景 (Day2)
ドバイ旅行#5 ジュメイラ・モスク - ドバイフレーム (Day3)

ドバイ旅行#1 出発 - 北京で乗り継ぎ - ドバイ到着 (Day1)

昨夜ドバイより帰国しました。

5泊とそんなに長くはありませんでしたが、密度ぎっしりの充実した旅となりました。
前置きが長いのも何なので、早速初日から書いていきたいと思います。

↓いつものように関西国際空港から出発。


dubai1.jpg


dubai2.jpg

今回は中国国際航空(エアチャイナ)を利用しました。

北京経由でドバイまで行くことになります。
エミレーツ航空の直行便で行く選択肢もあったのですが、航空券代を節約したかったので。
北京で荷物検査等を受けないといけないですし疲れは結構溜まってしまいますね。

↓関空→北京の機内食。


dubai3.jpg

ビーフかチキンか聞かれたのでビーフを選びました。
牛丼みたいでかなり美味しかったですね。

エアチャイナの機内はすごく寒かったです。
頼めば毛布を貰えるので全身に巻きましたがそれでも寒いです。どうなってるんだ・・・


dubai4.jpg

北京郊外の農村部かな?
団地みたいなのがたくさん建ってて面白いです。


dubai5.jpg

都市らしくなってきました。
北京のことは全く知らないのですが奥の高いビルが気になりますね。

↓北京首都国際空港に到着!


dubai6.jpg


dubai7.jpg


dubai8.jpg

dubai9.jpg

2008年に開業した第3ターミナル。

いやーでっかい。
広いとは聞いてましたが実際めちゃめちゃ広かったです。

↓空港内に中国の伝統建築っぽい建物が。


dubai10.jpg

↓空港内の自動販売機。


dubai11.jpg

一番高くても7元=約105円と思うとかなり安いですね。

↓時間があったので空港内で昼ごはん。すみません、店名は覚えてないです・・・


dubai12.jpg

ご飯と二種類の肉が乗った料理を注文。


dubai13.jpg

味は・・・まずくはないけどうーん・・・

日本米っぽいのですが若干べちゃべちゃしてました。
一番左は豚肉を揚げたもののようですが衣がびっくりするほどガリガリしてました。揚げすぎ?
ご飯との相性も微妙。

↓いよいよドバイ行きの飛行機に搭乗。


dubai14.jpg

まさかのバス移動から階段で乗り込む形式でした。下手したら初めてかも

↓北京→ドバイでも機内食が出ます。


dubai15.jpg

今度はチキンに。
具材がカレーのように見えますがカレーではありませんでした。

↓サンドイッチも出ます。


dubai16.jpg

まずかったです。


dubai17.jpg

画面前のモニターを見るとすごい所まで来たなあと感じます。
ほとんど縁のない地名がたくさん。

そして・・・とうとうドバイに到着!


dubai18.jpg

ドバイメトロの空港ターミナル3(Airport Terminal 3)駅です。


dubai19.jpg

右を見ても左を見てもアラビア語があって、中東に来たことを実感します。


dubai20.jpg

しかし窓から見える景色は非現実的です。
まさに未来都市で感動しました。

↓動画も撮りました。




少し画質が悪いですが、臨場感の伝わる動画が撮れたと思います。
ドバイメトロは車内放送も丁寧でとても使いやすい交通手段でした。

↓ホテル前の景色もまたすごいです。


dubai21.jpg

ホテルはシェイク・ザイード・ロードという目抜き通りにあるため周囲の景観がとてもいいです。
駅も近いのでブルジュ・ハリファにも行きやすくて良かった。

↓今回宿泊したのはFour Points by Sheraton Sheikh Zayed Roadというホテル。


dubai22.jpg

客室は思った以上に広かったです。腕立て伏せや腹筋ができるほど。
ベッドより奥に洗面所などの水回りがあるという少し変わった間取りでした。


dubai25.jpg

ガラス張りのホテルで(翌朝撮った外観)、全室にバルコニーがあります。
窓からの景色に期待できそうだったのもここを選んだ理由の一つです。

ただ、バルコニーへのドアは開けないことを強くお勧めするとやばそうな感じで書かれてたので断念。
というか鍵がかかっていたのでそもそも開けられませんでした。


dubai24.jpg

窓越しの夜景はこんな感じ。映り込みもありますしまずまずですね。
まぁ、お金はかかりますが最上階に眺めのいいバーもあるので特に不満はないです。


dubai26.jpg

Carryfoodというホテル近くのコンビニのような店でお菓子を買い込んできました。
これらについてはまた後日紹介します。


dubai27.jpg

変なお菓子と飲み物を消費しながら就寝。
飛行機疲れも残っているのに6時間ほどしか寝れなくて完全にやばいです。

翌日はいよいよ日中のドバイを見ることになります。
100mも歩けないと形容された夏のドバイは一体どれほどなのか?
それを次の記事で書きたいと思います。


↓続きはこちら

ドバイ旅行#2 初めての日中散策 - バスタキヤ地区 - ドバイ博物館 (Day2)


↓ドバイ旅行まとめ

ドバイ旅行#1 出発 - 北京で乗り継ぎ - ドバイ到着 (Day1)
ドバイ旅行#2 初めての日中散策 - バスタキヤ地区 - ドバイ博物館 (Day2)
ドバイ旅行#3 テキスタイル・スーク - アブラ - ディラ地区 (Day2)
ドバイ旅行#4 ブルジュ・ハリファの夕焼け/夜景 (Day2)
ドバイ旅行#5 ジュメイラ・モスク - ドバイフレーム (Day3)
プロフィール

てたまみー

Author:てたまみー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
東方八方位~~Multifaceted life diary~~(閉鎖)
管理人:x慧妹x(ゼロ)

とある初心者の向上日記(閉鎖)
管理人:すいか

「何処かのMotive」(新)
管理人:國扇

「何処かのMotive」(旧)(閉鎖)
管理人:國扇

抹茶ラテのある生活
管理人:なんきた

Raitoのゲーム日記
管理人:raito4325

お疲れさん!
管理人:リバ男

咲ちゃん亭
管理人:山田咲

かぜ旅行記
管理人:かぜ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR