スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみません

いやー・・・すみません

全てにおいてめんどくさがりな俺にとっては記事書くことすら激務とはいえ
まさか戦意喪失して二ヶ月も放置してしまうとは・・・


単に記事書くのがめんどくさかったというだけではなく
以前からちょこちょこ言ってる通り旅行で持って行ったSDカードに問題が発生、
というか写真が400枚ほど壊れて見れなくなってしまったんですよね・・・

その壊れた写真は旅行後半、プーケット4日目の昼に当たります。
なので3日目までは記事を書けたのですが
4日目の記事書くにはまずSDカード修理に出さないと・・・と思うとめんどくさすぎて・・・
9月入ってからずっと絵を描きまくってたこともありブログ更新モチベが底をついてました
そして結局二ヶ月が経過・・・


結局SDカードは修理に出したのか?と言われると正直、まだ出してません。

一番目にめんどくささ、二番目に修理代です。
データレスキューセンターという所に出そうと思っているのですが
見た感じ復旧率高そうで選びましたが、料金は最低9800円。

そして、治してもらいたい写真が約400枚です。
ちなみに旅行中に撮った写真は全部で約8000枚。
この400枚という枚数が微妙で、もし2000枚とか壊れてたら問答無用で出しますが
大事な写真だから1万円払うか・・・それとも惜しいが諦めるか・・・葛藤して放置してました。


まぁ・・・やっぱりあまりにも惜しいので多分いつか出すと思います
もしもiPhoneが水没したら絶望しますがそれでも金払えば買い直せる話、
それに対してデータ系はショックでかいですよ・・・

で、今日はとりあえず更新しなきゃと思って書いてるだけで大したネタも無いですが
このまま終わるのもひどいのでカメラで撮った写真でも貼っていこうかな・・・

↓先日爽やかな秋晴れの下撮ったものを。まずはスカイビル


osaka206.jpg

ノースゲートビルの大階段の上から撮ったスカイビル。

ここと全く同じ位置から同じ構図で過去に何枚撮ったでしょうか。
代わり映えのしない写真ですみません、でも梅田散歩の初めにいつも撮りたくなります。
秋らしい空模様ですね。この日は空気もよく澄んでいました。

↓ヨドバシ梅田の北側にガラス張りのビルが出現していました


osaka207.jpg


osaka208.jpg

まぁ出現ってもちろん突如現れたわけではなく、
ずっと工事中だったのですが先日見てみるとガラス張りの外観が露わになっていました。
以前ここには「新梅田ビルディング」というビルがあったらしく、それの建て替え。
コメ兵という東海地方資本のリサイクルショップがテナントとして入るそうです。


osaka209.jpg

俺好みのガラス張りの外観で予想以上にかっこよかったのでちょっと嬉しかったです。
高層ビルではないものの北梅田の景観が少し良くなった気がします。

↓歩道橋から撮ったJR大阪駅南側


osaka210.jpg

ここもよく撮りたくなるスポットです。

↓グランフロントから阪神百貨店まで収めようとしてみた


osaka211.jpg

全然入りきってませんが・・・

↓あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー(名前長い)


osaka212.jpg

ランドマーク性の高い上の方が変わった形をした超高層ビル。
なんとなくバブル感もあるような・・・

↓中之島のツインタワー。


osaka213.jpg

↓低層部以外の外観が完成した中之島フェスティバルタワーウエスト。


osaka214.jpg

ついこないだまで下の方しか無かったのに・・・時間が経つのは早いですね。
高層階のホテル部分だけカーテンウォールが違いガラス感が強い感じになっています。

正直全部高層階と同じカーテンウォールでも良かった気はするな・・・
でもそれでも非常にかっこいいビルです。

↓中之島の国立国際美術館。


osaka215.jpg

実はこの美術館含め中之島のこの辺りに来たのはこれが初めてです。
というか中央公会堂など中之島東部はよく散歩に行ってますがフェスティバルタワーより西は全く・・・
梅田圏内と言えなくもないのに来たことが無い場所があったんだなぁと新鮮でした。


osaka244.jpg


osaka216.jpg

すごい近未来的な建物だけど美術館にしては小さすぎじゃない?と思いましたが
やはり完全地下型の美術館のようで一階はエスカレーターがあるだけのようです。
ちなみにこの日は休館日でした。そのため辺りに誰もいません。

↓撮ってたら雲が消えていき快晴になりました


osaka217.jpg


osaka218.jpg

良いですね。

↓カメラを縦にしてビル群だけ撮りました


osaka219.jpg

↓更にアップ


osaka220.jpg

個人的にここ気に入りました。
中之島のビル群が連なって見えてとてもかっこいいです。
都会感MAXですね。

↓中之島のタワーマンションN4.TOWER。


osaka221.jpg

こうして見ると新ダイビルにちょっと似てるような・・・

↓妙にアングルが高いですが隣の駐車場。


osaka222.jpg

この駐車場には大阪市の新しい美術館が出来るのだそうです。
奥にほたるまち等の超高層ビル群が見えますね。

↓大阪市立科学館。


osaka223.jpg

この施設も記憶では来た覚えがない・・・忘れてるだけって可能性もありますが


osaka224.jpg

都会なのに誰一人いないのでなんだかミートミーのようですね

↓美術館を離れて更に西へと移動中


osaka225.jpg


osaka226.jpg

先程も言いましたがこの辺りに来たことがなかったので新鮮。
ここは本当に中之島の上か?という感じがしました。

↓建設中の「ザ・パークハウス中之島タワー」


osaka227.jpg


osaka228.jpg

高さ193mの超高層マンションでガラスを多用した外観がとても美しいビルです。

↓隣のマンションと


osaka229.jpg

うーん良いガラス感。シティタワー広島とデザインが似てる気がします。
今の所中之島西部で最も高いビルでしょうか。

↓大阪国際会議場と


osaka230.jpg

空が曇ってきてしまいました。

↓川沿いの遊歩道。


osaka231.jpg


osaka232.jpg

↓ネコ。


osaka233.jpg

↓中之島西部の超高層ビル群。


osaka234.jpg

なんか良い写真撮れないか適当に歩き回っていました。

一応、一番の目的としては中之島西部にかかる橋から中之島のツインタワーを撮ること。
ですがこの後も空模様が回復せず・・・(結局この日はずっと曇りでした)

土佐堀橋から撮った中之島東部の超高層ビル群。


osaka235.jpg


osaka236.jpg

空真っ白ですね。。。少し残念

越中橋から。


osaka237.jpg

あまり違いがわかりません。

常安橋から。


osaka238.jpg


osaka239.jpg

かっこいいです。

↓最後に筑前橋から撮りました。運良く少し晴れてくれました


osaka240.jpg


osaka241.jpg


osaka242.jpg


osaka243.jpg

やっぱフェスティバルタワーの質感を・・・最高ですね
特にウエストの方は本当にかっこいいビルになったと思います。
今後もこのクラスのオフィスビルの新規計画が出てきてくれることを願うばかりですね。


結構選んだつもりが39枚も貼ってた・・・

とりあえずプーケットの記事はいつか必ず書き上げます。
いつになるかわかりませんが・・・ 流石に未完のまま終わりは嫌なので・・・

プーケット旅行⑤  ショッピングモールで買い物

プーケット旅行④の続きです。

どうも記事書く気が起きずかなり空いてしまいました・・・

7000枚近く撮った写真から載せる写真を厳選して文章を付けていくという作業は
昼過ぎに書き始めて気付いたら外が真っ暗になってることなんてよくあるぐらい時間がかかるので
記事書き始めるのに結構な抵抗があるんですよね・・・

↓プーケット3日目の朝。


phuket122.jpg

1日目は到着の日、2日目は朝から離島ツアーだったので
3日目はようやくゆったりしたスタートになりました(10時過ぎまで寝ました)

↓3日目朝の天気は少し晴れ間も見えますがまぁ曇りです。


phuket123.jpg

今日はとりあえずお土産とか買いたいということで近くのショッピングモールに行くことに。
歩いて行けなくもない距離なのですがホテルからバスが出ていたのでそれで。
毎日決まった時間に発車するシャトルバスで宿泊客なら無料で使えます。

↓パトンビーチ最大のショッピングモール・ジャンクセイロン。


phuket124.jpg


phuket125.jpg


phuket126.jpg

ここジャンクセイロンはテーマごとにいくつかの棟に分かれており、中央にこの大空間があります。
このショッピングモールには旅行中に計3回も立ち寄りました。


phuket127.jpg


phuket128.jpg

これはパトンの航空写真ですが、非常に広大な施設であることがわかります。

レストラン街に洋服店、スポーツ用品店、ビッグCという電器店(?)など多くの店舗が揃っています。
スーパーもあり、コンビニには無いお菓子やドリアンも売ってました。

↓噴水なのでしょうが何故かこの日は水が張っておらず・・・


phuket129.jpg

↓建物内部。


phuket130.jpg


phuket131.jpg

まぁそんなに買い物しまくったわけではないですが、
とりあえずゾウの置き物などタイ土産らしい物や腕時計、Tシャツなど買いました。

店舗が充実していて街の屋台とかより安心して買い物できるので
プーケットに来たら一度は行く価値のあるショッピングモールだと思います。

↓お昼はマクドナルドに入りました。


phuket132.jpg

ポテトは紙コップに入れられて出てきます。味は日本と大体一緒。
全体的に日本とそんな違わない気もしますが、バーガーにトッピングを追加して挟んでもらうことができます

↓ブレててすみませんがスパイシーチキンバーガー的な奴。


phuket133.jpg

元々辛い料理の多いタイでスパイシーってどんだけ辛いんだろうと思いましたが、そんな辛くはないです。
これで確かセットが250バーツ(約750円)とかでしたから日本と比べても安い感は無いですね。
どうでもいいけどお隣マレーシアの空港でもこのスパイシーチキンバーガーがありました。

↓ドーナツもうまそ~


phuket134.jpg

妙にほわほわしてるのはカメラのクリエイティブフィルターをかけたから。(ソフトフォーカスフィルター)
彩りを考えてイチゴジャムが乗ってる奴を買いました。あと2個あるチョコの奴がとても美味しかったです。


phuket135.jpg

ドーナツ屋で買ったカフェモカ(?)と一緒に。
最終日にまた来ようという話になり、今日はそろそろホテルに戻ることに。


☆ わけわからん食べ物シリーズ ☆

FF
phuket136.jpg

唐突すぎますね。。

いつものセブンイレブンにて購入。この形状に惹かれて即買いました。
商品名は「FF」で良いのかどうかも不明・・・味は多分トムヤムクン味だと思います。
中にはやはり使い捨てフォークが入っていました。


phuket137.jpg

具は・・・ ニンジンが妙に目立つ気がしますがあまり多くはありません。

旅行から結構時間が経ってしまい正直あまり覚えてないんですが・・・
麺にコシが無くボロボロする感じというのはこのカップ麺のことだったかもしれません。
スープはかなり辛かったような気がする・・・
形は食べやすいですがあまり好みのカップ麺ではなかったかなぁ
ちなみにショッピングモールでこれを食べてる人がいたみたいです。

★★☆☆☆

名称不明
phuket138.jpg

スナック菓子。
袋の怪しさで買ったというのはありますが、基本的にはなんとなく買った物です。
名称が不明ですが何度か見かけたのでポピュラーなお菓子だと思います。


phuket139.jpg

何も考えずに袋の中を撮ると百発百中ブレますね・・・

食べてみた感想は・・・うーん薄味すぎるというか「うすしお」よりもずっと薄いなって感じですね・・・
ほとんどじゃがいも本来の味って感じだったような気がします。
しかも妙に量が多く食べきるのに2日かかりましたね
正直また買うことは無いだろうって感じのスナック菓子です・・・

★☆☆☆☆


ショッピングモール散策も終わり、今日はもうやることも無いので
チャームの目玉の一つとされている屋上のプールへ行ってみることに。


phuket140.jpg

ここからの景色は素晴らしかったですね。


phuket141.jpg


phuket142.jpg


phuket143.jpg

ここではカクテルなどを注文して飲むことができます。
ただ真っ暗になる前(19時)に閉まってしまうので夕方までしか居れません。
この他フィットネスやサウナもありました。ちなみにプールは一回だけ入りましたがそれで満足かな

↓部屋のバルコニーからもようやく綺麗な夕日が撮れました


phuket144.jpg

これはあえて無加工で。

雨季ということで行く前はげんなりしてましたが天気には恵まれた感じがしますね。
この翌日の夕焼けはもっと雲が少なく綺麗でした。雨季といってもこんなもんなのかもしれないですね

↓星が割と見えたので星空撮影に初挑戦してみました


phuket145.jpg


phuket146.jpg

確かに日本の自宅よりは見えるとはいえそんな一面の星空でもないな・・・
IOS100、露出時間は30秒。待ち時間が長くやはり普通の撮影よりは疲れますね


ところで、64GBのSDカード一枚では足りなくなるかもしれないと思い
旅行前にAmazonでTranscend製のSDカードを買っておいたのですが・・・
なんと家に忘れてしまうという大失態

最初アレ?無いなってぐらいだったのですが次第に「家に忘れたかも・・・」と思い始め
どれだけ探しても無いので諦めて現地で追加のSDカードを買うことにしました。
そんなわけで夜のパトンビーチの街へ。

↓途中で入ったお店で食べたトムヤムクンスープ


phuket147.jpg


phuket148.jpg

この店何故か照明がめちゃくちゃ赤く色合いが変になってますが気にせず。
もはや食べ慣れた感のある普通のトムヤムクンスープです。
ハンバーガーにドーナツと西洋食が続いていたのでタイらしい物食べようと思いまして

↓危険物


phuket149.jpg

何だかわかりませんがこれがとんでもなく辛いらしく小事件が起こりました。
ちなみに俺は食べてません。


phuket150.jpg

すごい内装の店ですね・・・

中心街近くの屋台のような店でSDカード(64GB)を買いました。
きちんとカメラで使えることも確認し1200バーツ(約3600円)で購入。

↓夜のパトンビーチの中心街。


phuket151.jpg

本当はあまり通らない方が良いのかもしれませんが
パトンをぐるっと回ってホテルに戻る関係で少し夜の中心街を歩きました。


phuket152.jpg

この通りは夜の街って感じすぎて雰囲気がやばかったですね・・・この写真もよく撮ったなと思います

まぁ夜遊び派?なら楽しい所なんでしょうけど流石にちょっと怖いですね
客引きがそこら中にいて同行の友人は声かけられたり腕引っ張られたりしたそうです。

↓10時半にホテルに帰還しました。


phuket153.jpg


phuket154.jpg

部屋に戻った後はアイスとか食べながらひと時を過ごし、結局2時半ぐらいに就寝。
明日もツアーで朝8時起きなので睡眠不足不可避です。

これにてプーケット3日目は終了。
4日目のツアーではパンガー湾という所にボートで行きます。

ですが先程買ったSDカードのせいで問題が発生し・・・次の記事ではそれから話さないといけないと思います。
毎度のことながらブログ書いてるとそれでかなり疲れます・・・文章書くのも大変ですね
また次の更新まで空きそうな予感が・・・


↓続きです

プーケット旅行⑥

プーケット旅行④  ピピ島・カイ島ツアー

プーケット旅行③の続きです。

また一日空いてしまいましたが、前回の記事にこっそり追記しておいたので是非見てみて下さい。
まだ半分も書けてないのに9月になってしまった・・・ さて、プーケット2日目の朝です。

↓今朝はツアー。天気が若干不穏な中、ホテル前でツアーのバスを探します


phuket78.jpg

プーケットのホテルから発着するバスは全部このタイプで紛らわしいです。
ここでちょっと手間取りましたが、無事船着場行きのバスに乗ることができました。

↓スコールが降っている(降っていた?)ようで水たまりがありますね。


phuket79.jpg


phuket80.jpg

ホテルから船着場まで20分程度。
この日7時起きでしたが、前日は10時に寝たのでなんとか大丈夫です

↓船着場の待合室。


phuket81.jpg

ツアー会社はPNTという会社。ここで船が来るまで少しの間待ちました。
結構虫が多く居心地悪かった・・・あと奥に見えるトイレが強敵でした

↓乗る船を撮ろうとしましたが上手く撮れず。


phuket82.jpg

↓何故か九官鳥が飼われていました。


phuket83.jpg

↓ピピ島へ向かうスピードボート内の様子。


phuket84.jpg

この日は波が高く、このスピードボートはなかなかのアトラクションでした。
俺は乗り物酔いを全くしないタイプなので大丈夫でしたが・・・


phuket85.jpg


phuket86.jpg

よくわからない場所で船が止まりシュノーケリングタイム。
どこかでシュノーケリングするのは知ってましたがこんな海の上とは思わなかったので少しビビる。

実は全く泳げないので最初非常に不安でしたが
ライフジャケットがあるので沈む方が難しいぐらいだとわかると楽しくなり、
船の周辺にいれば良いのにちょっと遠くまで行ってしまいました(と言ってもほんのちょっとです)

30分ぐらいで集合の合図が出、船に戻ろうとしますが俺にとっては果てしなく遠いです
適当に水をかいてると少しずつは進みますが、船まで15分ぐらいかかりそうな勢いでした。

ようやく近くまで辿り着きますが疲れてきたし同乗の人達は全員上がって俺を待ってるし
もがもがしてたら見かねて船の人にロープを投げてもらいようやく上がれました。
プーケット旅行で身の危険を感じた思い出の一つですね。。。


phuket87.jpg


phuket88.jpg

シュノーケリングでなんか参ってしまいましたが
写真撮っても良いよと言われたので船の上から何枚か撮りました。
でも落ち着いて撮れなかったしなんか普通の写真になっちゃいましたね・・・

↓多分ピレーラグーンという所らへん。


phuket89.jpg


phuket90.jpg

クリエイティブフィルターで加工した奴か元の写真どっちを載せるかは悩みますね(これは加工済)
にしても海の色がすごいです。これは自然の色なんでしょうか

↓出発から約2時間半、ようやくピピ島に到着。


phuket91.jpg


phuket92.jpg

ここピピ島では何故か昼食をとっただけ・・・
恐らく天候の影響でスケジュールに狂いが出てたんでしょうね、ちょっと残念な感じだったなぁ

↓なんとなく水面を撮った


phuket93.jpg

↓波


phuket94.jpg


phuket95.jpg

↓歩いて食事処へ。


phuket96.jpg


phuket97.jpg

何気に南国感があって綺麗な島ですね。一ヶ月だけなら住んでみたい

↓この猫カフェで昼食です。


phuket98.jpg

↓料理はバイキング形式。


phuket99.jpg


phuket100.jpg

種類は鶏肉の何か、フライドチキン、謎の米、スパゲティ、餅(?)など。
見た目なんか普通ですが、結構美味しかったです。
ただやはり辛い味付けの料理もあるので注意。

↓スイカ。


phuket101.jpg

スイカは普通でしたね。冷えてるわけでもなく・・・


phuket102.jpg

何故猫カフェなのかというとネズミ避けなのか猫が数匹飼われていてご飯をたかりに来るからです。
警戒する素振りは全くありません

↓また船で一時間ほど移動し、カイ島に到着。


phuket103.jpg

ここは綺麗でしたね~


phuket104.jpg


phuket105.jpg

カイ島はとても小さな島で、かなりの面積が全部ビーチみたいな島です。
そのため前を見ても後ろを見てもビーチみたいなすごい空間でした。


phuket106.jpg


phuket107.jpg


phuket108.jpg


phuket109.jpg


phuket110.jpg

このカイ島がこの旅行で一番綺麗なビーチだったかも。

↓動画。風の音がうるさいですね・・・




まぁともかく綺麗な場所でした。
ここで遊泳&リラックスタイムでしたが、荷物を交代で見ながら腰まで海に浸かったぐらい。

↓コーン。


phuket111.jpg

醤油でもあればいいんだが何も付いてないのでちょっと味気ないかな・・・

↓風が買ったココナッツジュース。


phuket112.jpg

値段は100バーツ(300円)ぐらいだったらしい。

甘いけどかなり薄い、みたいな味を予想してましたが実際は・・・
確かに甘さもあるにはありますが渋みの方がずっと勝ってますね・・・
決して美味しくはないです


phuket113.jpg

写真用に使わせてもらいました。なんか壁紙にできそう
ちなみに100バーツというのは観光地価格でパトンで買えばもっと安いらしいです。

↓そろそろパトンに帰ります


phuket114.jpg

↓出発前にまた波を。


phuket115.jpg


phuket116.jpg

やはり離島だからか海は透明度が高くて綺麗ですね。
これで2日目のツアー終了。船とバスでホテルまで帰りました。

↓部屋のバルコニーから撮ったパトンビーチ


phuket117.jpg

ホテルに戻って着替えたりしばし休憩、
その後昨日と同じくバルコニーに出て夕日を撮ろうとしましたが今日も失敗・・・
綺麗な夕日は撮れませんでした・・・明日こそ撮るぞ

↓疲れたので、今日はホテル(チャーム)のレストランで夕食。


phuket118.jpg


phuket119.jpg

一品ずつ頼む形式かと思ったらまたしてもバイキング形式でした。
なんか盛り付けのバランス失敗した

↓デザートうまそ~


phuket120.jpg


phuket121.jpg

ホテルのレストランということもあり550バーツ(約1650円)と高いですが、
久々に美味しい料理が食べられた気がして良かったです(と言うと昼食に失礼ですね)
全体的に美味しかったですが一番美味しかったのはカレーに入ってたエビかな?


今日は疲れたのでわけわからん食べ物シリーズは無しで。
てか記事書いてるこっちまで疲れてしまいました。

明日、プーケット3日目は特に予定は無いのでぐっすり寝て
昼からパトンで一番大きなショッピングモールに行って色々買い物しました。
明日の分書き終わればそろそろ折り返しかな・・・頑張ります。


↓続きです

プーケット旅行⑤

プーケット旅行③  部屋お披露目 ~ 1日目終了

プーケット旅行②の続きです。

一日一記事ぐらい書いていこうと思ってたのにちょっと空いてしまいました・・・
なんか日本に帰ってきてから妙に退屈に感じて久しぶりにパンヤやってました。
それでちょっと更新が・・・とりあえず続き書きますね

↓宿泊したザ・チャーム・リゾート・プーケット。


phuket42.jpg

部屋の準備ができる14時までホテル周辺で時間を潰し戻ってきました。

↓それでは早速お部屋のお披露目です。


phuket43.jpg

本当は部屋に案内してもらってすぐ撮れば良かったのですが
うっかりそのまま一服してしまい結構散らかしてしまってます。。。


phuket44.jpg


phuket45.jpg


phuket46.jpg

最初、Expediaで部屋の説明を見た時ホントか?と思ったぐらいなのですが
なんと客室が二階構造になっていて階段で昇り降りできるんです。

1Fにはソファのあるリビングとダイニングテーブルがあり、
セブンイレブンで買ってきたお菓子やカップ麺をここで食べながらくつろぎました。

↓階段を上った先にある2F。


phuket47.jpg

2Fの写真は案内された後すぐ撮りました。

テレビをつけると屋上プールやレストランなどホテル内の各施設の映像と
特徴的なBGMが大きな音で流れ、とても癒されます。


phuket48.jpg


phuket49.jpg


phuket50.jpg

冗談はさておき、角部屋なので窓が大きくとりわけ開放的です。
キッチンのようなデスクとダブルベッドがあり、そしてバルコニーに出ることができます。

↓バルコニー。


phuket51.jpg

↓景色はこんな感じ。


phuket52.jpg


phuket53.jpg

パトンの街とパトンビーチが見えます。高層ホテルではないので景色はまぁまぁ・・・かな?

↓そしてこのホテルの目玉と言っていいのがこのジャグジーです


phuket54.jpg

このジャグジーが面白そうすぎてこのホテルにしたと言っても過言ではありません。

ただお湯の張り方がわからず蛇口で何時間もかけてお湯を溜めてました。
ホテルの方に確認もしましたがその方法で合ってるみたいです(えー)


phuket55.jpg


phuket56.jpg

日暮れ時に夜景を眺めながら入るジャグジーはなかなか・・・
外気が寒くて正直あんまり温まりはしませんね。思った程ではなかったかなぁ


☆ わけわからん食べ物シリーズ ☆

Mounds
phuket57.jpg

いきなり謎すぎるコーナーが始まりましたが
このコーナーではプーケットで買った未知のお菓子などを紹介していこうと思います。

第一弾はMounds(マウンズ)。
名前からして怪しさ満点ですが、どうやらアメリカのチョコレートみたいです。


phuket58.jpg


phuket59.jpg

見難い上になんか汚くて申し訳ありませんが
中にチョコバーが2つ入っており、チョコの中にはシャキシャキとした謎の白い物体が詰まっています。
一体何なのかわからずミスタードーナツのコレにかかってる白い奴とも言われてましたが、
調べてみたらココナッツだということがわかりました。

ココナッツがぎっしり詰まっていて相当シャキシャキします。
しかし逆にチョココーティングは食べてる内にすぐ無くなって後半チョコが消滅します。
冷やして食べたこともあり最初美味しく感じましたが何度も買う程ではないかな・・・

初の試みですが★評価も付けてみたいと思います。
このMoundsは★★★☆☆で。

MAMA
phuket60.jpg


phuket61.jpg

第二弾はカップ麺。

このMAMA(ママー)というカップ麺はタイでは相当ポピュラーのようで、
コンビニにはMAMAの様々なバリエーションがずらりと並んでいます。

その中で一番基本形の味と思われるカップ麺を2種類買ってきました。
これはその内の一つ。読めませんが恐らくトムヤムクン味か何かでしょうか?

部屋にあるポットにミネラルウォーターを注いで湯を沸かし、
さあ食べようと思うと割り箸が付いてません。なんだよ箸くらい付けてくれよと思ったのですが・・・


phuket62.jpg

なんとフタを開けると折りたたみフォークが入っています。これは面白いですね
中には粉末スープ、後入れの液体スープと日本のカップ麺と同じような感じですね。


phuket63.jpg


phuket64.jpg

見るからに激辛っぽい液体スープを入れて完成。

味は・・・日清のトムヤムクンヌードルに結構近いです。
酸味が強く当然ながらそういう風味が苦手な方は癖が強くて無理だと思いますが、
俺トムヤムクンヌードルがそもそも好きなのでまぁまぁ美味しく頂けました。
そう考えるとトムヤムクンヌードルって再現度高いんですね。

確かにかなり辛いです。でも涙出るほど超激辛って程ではありませんでしたね
あと麺は、ちょっと残念な感じです。コシが無くボロボロする感じがあります。

★★★☆☆


おやつタイムを終えて、またしばらく部屋でリラックスしたり
バルコニーに出て海の向こうに沈む夕日を撮ろうとしたりしました。


phuket65.jpg

この日は俺の中では「晴れ」の内でしたが、雲が多く綺麗な夕焼けは撮れませんでした。
でもこれはこれで美しい気もします。

↓なんか食ってばっかですが、夕食の為に近くのお店に出向きました


phuket66.jpg


phuket67.jpg

No.9というお店。

俺が頼んだのは・・・写真で見る限りステーキとフライドポテトの料理ですね。
肉がなかなか硬く強敵でした。でも美味しかったですね

↓俺が頼んだ料理をアップで


phuket68.jpg

うまそ~

↓これは友人が頼んだ・・・なんだこれ?


phuket69.jpg

↓なんか高画質すぎて気持ち悪いハンバーグ


phuket70.jpg

↓!?!?


phuket71.jpg

出発前、安全面から日没後はホテルにこもって外に出ないようにしようと話してましたが
行ってみるとそこまで警戒する必要はないと思い、8~9時ぐらいまでは普通に出歩きました。

ただ、特にトラブル無く過ごせたのは運が良かっただけかもしれないので
特に中心街では用心するに越したことはないと思います。

↓ホテルへ戻り、またバルコニーに出て夜景を撮りました。


phuket72.jpg


phuket73.jpg


phuket74.jpg

カシャカシャ撮って終わり、とはできないので
三脚を使って長時間露光で撮るのはちょっと根気が要りますね。
気づいたら30分ぐらい撮り続けてたりします。


phuket75.jpg

もはや実際の風景より明るいですね。雲が幻想的です

↓またコンビニで買ってきたお菓子を消費中。


phuket76.jpg

Salt&Vinegar... ビネガーって何だっけ?と思いながら買ってみましたが
まさかの酢味でしたね・・・

調べてみると海外では結構よくある?フレーバーみたいですが
俺的になかなか強烈でした・・・友人は気に入ったらしいので全部あげました


phuket77.jpg

こうしてプーケット1日目が終わりました。

2日目はピピ島とカイ島という離島に行くツアーの予定があります。
流石に疲れたし、朝早いのでこの日は早めに寝ました。

続きはそのツアーについて。
できるだけ早く書きますので乞うご期待。


↓続きです

プーケット旅行④



8月31日追記

実はMAMAを一個だけ日本に持ち帰ってました。


mama.jpg

もしかしたら記憶と違ったりして・・・と思いながら食べてみたのですが
改めて食べてみるとプーケットで食べた時よりも美味しく感じました。

スープが辛くて美味しいです。トムヤムクンヌードル好きなら多分好きな味だと思います。
麺はボロボロするというよりは、喉越しが微妙な感じは多少ありますが、気にならないレベル。
具は見ての通りエビと・・・ネギ?ぐらいしか入ってません。
エビはカップヌードルの勝ちですね。なんかスカスカなエビ・・・

とにかく、このカップ麺美味しいです。ちょっとリピしたいぐらい。
つきましては、★★★☆☆から★★★★☆に評価を修正したいと思います。

プーケット旅行②  ホテルまでの車窓 ~ 1日目昼食

プーケット旅行①の続きです。

プーケット国際空港からバスで宿泊するホテルへ向かっています。


phuket19.jpg

Expediaで事前に予約した送迎バスで料金は一人約3400円。
混乗送迎サービスとありましたが、4人だったので自分達以外は乗ってませんでした。


phuket20.jpg

街路樹が日本と全然違いますね。


phuket21.jpg

タイのタクシー。

プーケットの移動手段としては普通のタクシー、トゥクトゥク、4輪の偽トゥクトゥクを利用することができます。
今回の旅ではトゥクトゥクを使うつもりでしたが、何故か偽トゥクトゥクにしか巡り会えませんでした。

↓何かの果樹園と思われる林。


phuket22.jpg

細い木が一列に並んで生えています。何の果物なのかは不明

↓街らしい建物が増えてきました


phuket23.jpg

↓仏教国らしく、時々仏教系の施設があります


phuket24.jpg

今回宿泊するホテルはパトン(Patong)という街にあります。

パトンはプーケット島南西部にあり、プーケットで最も賑やかな街と言われています。
パトンビーチというこれまたプーケットで最も賑やかなビーチがあり、昼も夜も活気があります。

↓意外と普通なセブンイレブン


phuket25.jpg

何故か7の看板部分が狭い(余白が広い?)以外は日本とそう変わりません。

売ってる物もカップ麺類、お菓子、冷凍食品、雑誌類など日本と同じような感じです。
物価は日本と比べて非常に安く、しかも街のあちこちにあるので旅行中何度も世話になりました。
セブンイレブンの他にもファミリーマートやタイのコンビニもあります。


phuket26.jpg


phuket27.jpg


phuket28.jpg

ヤシの木が南国らしくて良いですね。

↓動画も撮ってみました







↓パトンへと至るものすごいグニャグニャ山道。


phuket29.jpg


phuket30.jpg

この山を超えるともうパトンです。

↓パトンビーチの道路向かいに並ぶ店。


phuket31.jpg

宿泊したホテルはこの道路から少し内側に入った場所にありました。

ここパトンビーチ沿いもまぁまぁ賑やかですが、パトンで一番賑やかなのはバングラ通りという所です。
そこは本当に夜まで活気に満ちてるので、リゾート感を楽しみたい方は少し外れがオススメ。

↓今回宿泊したザ・チャーム・リゾート・プーケット!


phuket32.jpg

通称「チャーム」。かなりの時間をこのホテルで過ごしました。

↓ロビー


phuket33.jpg


phuket34.jpg

壁が無くロビーはあんまり涼しくなかった・・・ ちなみに一枚目の左奥にレストランがあります。

ホテルに到着したのが12時半、部屋に入れるのは14時だったので
スーツケースを預かってもらいとりあえず目の前のビーチに行ってみることにしました。

↓目の前のパトンビーチ


phuket35.jpg


phuket36.jpg

せっかくの海なのでクリエイティブフィルター(カメラの機能)を使って鮮やかにしてみました。
肉眼で見るより綺麗になってしまってますが・・・


phuket37.jpg

そんなめちゃくちゃ良い天気、ってわけではありませんでしたが、十分綺麗ですね。

↓撮り方が下手ですみませんが動画です




雨季なので波が高く、遊泳禁止の赤旗が立っています。
他の場所に「SWIM HERE」という旗もあり、そこで膝が浸かるぐらいだけ入って楽しみました。


phuket38.jpg


phuket39.jpg

パトンビーチ周辺の様子。リゾートって感じがしてますね
水着が手元に無いし泳ぐこともできないのでひとまず昼食をとることに。

↓プーケットにおける初めての食事。


phuket40.jpg

中華料理店なのかタイ料理店なのかわかりませんがビーチの近くの店に入りました。
半分屋台みたいな感じでハエがかなり入ってくるのであまり食事に集中できませんでしたね・・・

とりあえず変わった料理を食べてみたいと思い、サメの肉料理みたいなのを注文しました。

↓サメのステーキ。


phuket41.jpg

確認もせず小皿の激辛ソースをぶっかけて食べてしまいヤバかったです。
タイ料理はなんでもかんでも激辛(ちょっと言い過ぎ?)ということを忘れてました。

歯応えは白身魚に近くて特にクセは無い感じ、とにかく辛くて味わう余裕がありませんでした。
ただ正直言ってそんなおいしくはなかったですかね・・・


そんなわけで昼食を済ませてこの後は確かコンビニに寄ったんだったかな?
14時になった所でホテルに戻っていよいよお楽しみのお部屋です。

部屋の写真を載せて今日は終わりにしよう・・・と思ってたのですが、
細かく書いてると思った以上に記事が長くなってしまったので続きはまた明日ということで・・・
何記事まで行くんだろうか・・・


↓続きです

プーケット旅行③
プロフィール

てたまみー

Author:てたまみー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Cappuccino.com
Youtube再生リスト

東方八方位~~Multifaceted life diary~~(閉鎖)
管理人:x慧妹x(ゼロ)

とある初心者の向上日記(閉鎖)
管理人:すいか

「何処かのMotive」(新)
管理人:國扇

「何処かのMotive」(旧)(閉鎖)
管理人:國扇

抹茶ラテのある生活
管理人:なんきた

Raitoのゲーム日記
管理人:raito4325

お疲れさん!
管理人:リバ男

咲ちゃん亭
管理人:山田咲
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。