FC2ブログ

ドバイ旅行#3 テキスタイル・スーク - アブラ - ディラ地区 (Day2)

ドバイ旅行#2の続きです。
今回はドバイのスーク(市場)に行ってきた話をしようと思います。文章量がちょっと多めです。

テキスタイル・スークの風景。


dubai59.jpg


dubai60.jpg

まさしく伝統的な市場といった面持ちで雰囲気はすごくいいです。


dubai58.jpg

向こうまでずら~っと店が並んでいます。
写真を撮っていると客引き達が尋常じゃないほどこっちを見てきます。
完全に狙われています。

この中を通るとものすごい勢いで「コニチワ!」「オカチマチ!」と話しかけられたり、
無理やりスカーフか何かを被せられたり腕を引っ張られたりします。

なぜ御徒町なのかと気になり後で店員に尋ねてみると、
「オカチマチと声をかけると日本人が喜ぶから」という返答でした。
単純にドバイの人にとって発音しやすい東京の地名だからってだけみたいですね。

↓こちらはオールド・スーク


dubai61.jpg

ご存知の方もいるかもしれませんが、ドバイ含む海外の市場では値切りができます。
初めに定価以上の値段を提示され、それに対して自分もかなり安い値段を言います。
お互いが納得する値段になるまでせめぎ合いが続き、値段が決まるといった感じです。

ですから商品に値札というものは付いていません。
初めは相当高い値段を言われるので、そこで買うと損することになってしまいます。

YouTubeで動画を見たり他の方のブログで話を聞いたことはありましたが、
実際に海外で値切りをしたことはありませんでした。
タイのプーケットで値切りのチャンスはあったのですが、どうやって値切ればいいかわからず提示された値段で買ってしまってました。


dubai62.jpg


dubai71.jpg

なので今回は絶好のチャンスだったのです。

初めに高い値段を提示されますが、noooとかtoo muchとか言って拒みます。
そして思い切ってその4分の1とか5分の1の値段を出します。
ほぼ100%「は?」みたいな反応をされますが、上げないように極力頑張ります。

店によって下がりやすさの差はありますが、大抵10ディルハム(約300円)ずつ下げてきます。
もっと下げるよう要求すると質の高さをアピールしてきたり
「ドバイモールではもっと高いんだぞ」的なことを言ってきますが、流します。

しばらく交渉していても下がらないようならこちらも10ディルハムずつ上げていき、
折り合いがついたら交渉成立です。


最初はカンドゥーラ(アラブの正装)を着た大人しめな店員のところで買い物しました。
買ったものはコースター(コップの下に置くやつ)2つと、ディルハム紙幣柄のトランプです。
同行の友人が値切りが上手かったのもあり、楽しんで買い物をすることができました。

次にアラビア文字の入ったストールとカシミヤのストールを買いました。
こちらもそこそこ値切ることができ、満足した買い物となりました。


dubai63.jpg

そして事件が発生しました。

どのスークだったか忘れましたが、表にトルコランプを飾っている店を発見。
そういやこれ欲しいなぁと思って眺めていると店員に見つかり店内に案内されました。

その店員は非常にフレンドリーで、日本人だとわかると知ってる日本語を話してくれたり
自分がアフガニスタンから来たという話や、日本に縁のある友人の話などしてくれました(英語なのであんまりわかりませんでしたが)

店の出入り口は仕切りがあり閉鎖的で、さらに店長みたいな人が現れて塞いでいます。
非常に出て行きにくい雰囲気を醸し出しています。
しかし、後から考えると強引にでも出れば良かったなぁと思います。

50種類以上はあったでしょうか、その中から
自分は緑色のランプ、友人は青色のランプを選びました。
その店員は会計する前なのにもう梱包材でランプをぐるぐる包んでしまっています。


ようやく値段を提示してきました。
2つで620ディルハム(18600円)と言ってきたのです!

1つだと9300円です。
後で確認しましたが、ドバイモールでもっと質の高そうなものでも3000円程度で売っています。
ドバイモールの3倍以上の値段を出してきたわけです。

これだと頑張って安くしても5000円以下にするのは厳しいです。
長い時間格闘しましたが、結局2つを390ディルハム(11700円)で買うことになってしまいました。

↓スークの裏路地。


dubai64.jpg

まぁこうやってネタにできますし、言うほど引きずってはいませんけどね。
今度写真を載せようと思いますが、そのランプも結構気に入ってますし。

間違いなく言えるのはスークは雰囲気や店員との交渉を楽しむ場所だってことですね。
ドバイモール等のお土産ショップでは安心して買い物できますが、味気ないですからね。
そういった意味では楽しかったしまぁいいかなと思います。

↓テキスタイル・スークのゲート。


dubai65.jpg

↓Desi Deiraというお店で昼食。


dubai66.jpg


dubai67.jpg

鶏肉の入ったビリヤニとラム肉のカバブを注文。


dubai70.jpg


dubai68.jpg


dubai69.jpg

友人はラム肉のチョップを注文。

この店すごく美味しかったです。今も写真見ててよだれが出てきます。
下手したらドバイ旅行中で一番美味しかったかもしれません。

ただ見た目以上に量がとんでもないです。
かなり頑張って食べましたが、ビリヤニは完食は無理でした。
店内に観光客はおらず物珍しそうな目で見られましたが、味良し値段良しでおすすめです。
店内の清潔感も問題ありませんでした。

↓腹ごしらえも済んだところでアブラで対岸へ。


dubai72.jpg

運賃は1ディルハム(約30円)。


dubai73.jpg


dubai74.jpg

↓お気に入り。


dubai75.jpg


dubai76.jpg

↓雰囲気を伝えるために動画も。




後半はTwitterで上げたものと同じです。旅感満載でいいですね。

↓ディラ(Deira)地区の風景。


dubai77.jpg


dubai78.jpg


dubai79.jpg


dubai80.jpg

ディラ地区はドバイのダウンタウンから運河を挟んで対岸にある地区です。
至るところにスークへの入り口があります。

ドバイなのになんだか生活味溢れる、面白いエリアで結構好きです。

↓Al Ras(アッ・ラース)駅からメトロへ。


dubai81.jpg

この後いよいよお待ちかね、ブルジュ・ハリファを見に行きます。
でもその前にスークで買ったお土産を置きにホテルに戻ります。


dubai82.jpg

一気に近未来的なドバイに戻ってきました。

ということで次の記事はブルジュ・ハリファからとなります。
いやーまさか1日を3分割することになるとは思いませんでした・・・この日密度濃すぎ


↓続きはこちら

ドバイ旅行#4 ブルジュ・ハリファの夕焼け/夜景 (Day2)


↓ドバイ旅行まとめ

ドバイ旅行#1 出発 - 北京で乗り継ぎ - ドバイ到着 (Day1)
ドバイ旅行#2 初めての日中散策 - バスタキヤ地区 - ドバイ博物館 (Day2)
ドバイ旅行#3 テキスタイル・スーク - アブラ - ディラ地区 (Day2)
ドバイ旅行#4 ブルジュ・ハリファの夕焼け/夜景 (Day2)
ドバイ旅行#5 ジュメイラ・モスク - ドバイフレーム (Day3)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てたまみー

Author:てたまみー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
東方八方位~~Multifaceted life diary~~(閉鎖)
管理人:x慧妹x(ゼロ)

とある初心者の向上日記(閉鎖)
管理人:すいか

「何処かのMotive」(新)
管理人:國扇

「何処かのMotive」(旧)(閉鎖)
管理人:國扇

抹茶ラテのある生活
管理人:なんきた

Raitoのゲーム日記
管理人:raito4325

お疲れさん!
管理人:リバ男

咲ちゃん亭
管理人:山田咲

かぜ旅行記
管理人:かぜ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR